アンチエイジングに良い睡眠

アンチエイジングに必須なことの一つに睡眠があります。6時間から8時間程度きちんと眠ることが必要になりますが、その中でも22時から2時までの「ゴールデンタイム」と呼ばれる時間に眠っておくのは必須です。なぜなら、この時間は最も細胞が活発化するからです。

眠りについている間に古い細胞が死に新しい細胞が生まれていくのですが、年を重ねると、古い細胞が入れ替わるまでにかかる「ターンオーバー」と呼ばれる期間が長くなっていきます。ですから、できるだけこの時間に深い睡眠を取っておくことで期間が延びても体内の入れ替えをしっかりと稼働できるのです。加えて、起きている間ではあまり細胞は活性化せず、寝ている時により稼働するのが特徴である為に、きちんと眠っていることが必要となります。

また、良質な睡眠と細胞の活性化の為に、22時に眠るつもりであれば21時程度までにはお風呂を済ませておきましょう。肌や髪についた汚れをきちんと落としておくことで、より細胞がきちんと働きます。また、お風呂に入ってから30分から1時間経過すると、程よく体が冷えて眠りにつきやすくなります。
アンチエイジングを行い、これからもより健康で明るい生活を送る為にも、良い睡眠を取っておきましょう。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ